電気自動車の気になる充電時間と走行距離は・・・

たった500円で行ける、東京から洞爺湖までの電気自動車の旅

この動きは、ヨーロッパの主要自動車メーカーに大きな影響を及ぼすことでしょう。イギリスではところで、ロンドンでは混雑税がすでに実施されています。現在の税額は規制区域に入る場合8ポンド(約1600円)ですが、10月からCO2排出量が1209/㎞未満の自動車は免除されるようになります。しかし、CO2排出量が多い場合は、最大25ポンド(5000円)に引き上げられます。EVの場合、走行中のCO2排出量はゼロです。

これでは不公平なので充電する電気の発電に伴うCO2排出量をカウントすると、およそ709/㎞(日本の昼間充電)ですから、おそらくロンドンでは混雑税は免除でしょう。ということを見越してか、メルセデスはすでにスマートをEVに改造してロンドンで実証試験を開始しています。ちなみに、1209CO2/㎞というと、日本流の燃費でガソリン車の場合、リッター19㎞ほどです。ディーゼル車ではリッター22㎞ほどです(軽油の方が含まれる炭素が多いからです)。さらにドイツでは、2009年からエンジン排気量を基準にした税制からCO2排出量基準にします。

しかも、1009/㎞未満であれば自動車税は免除ですから、EVの税金はゼロということになるかもしれません。また、アイルランド、フィンランド、ベルギーが同じような方式を導入するとのことです。EU全域では、12年までに1209CO2/㎞規制(約リッター19・3㎞)が実施されるといわれます。しかも、目標を達成できない場合は、メーカーに制裁金が科せられます。日本の場合と違って、メーカー平均値ですから、排気量の大きな高級車を作るドイツメーカーは、1台でも多くEVを生産、販売する必要に迫られるでしょう。
お金が少ないと嘆いている人もわたしの周りに結構いるので、車を買うということは大きなハードルになることが多いのですが、車査定を利用すればその差額で買えるので気分は良いです。
最近の中古車の買い取りのときに行われている車査定というのは、昔のように職人的な人が車を見ながら、価格を付けていたのですが、最近はシステマティックになって早く終わります。
自家用車を何台も持っているという人は結構マレで、ほとんどの人が1台だと思います。なので、新しい車を買うときには必ずと言っていいほど中古車ディーラーの車査定にお世話になります。


EVに限りなく近いハイブリッド車GMは世界に君臨して100年。しかし、現在はGMの歴史始まって以来の危機的状況にあります。数年前からの経営不振に加えて、サブプライム問題に端を発した今回の金融不安で、ますます苦境に追い込まれているようです。そうした折、08年9月16日の創立100周年記念式典において、彼らのいうところのプラグイン・ハイブリッドである。

ボルドの市販モデルを発表しました。大きさは、プリウスよりも全長が41㎜短く、幅が73㎜広く、背が60㎜低いのですが、ほぼ同じサイズと考えてよいでしょう。市販モデルのスタイルは、初期の派手なコンセプトモデルよりもずっと一般的になりました。5ドアのFFセダンですから、米国ではごく一般的な小型の乗用車ということができます。

What's New
2013/09/18 オススメ記事を更新しました。
2013/09/14 新着記事を更新しました。
2013/09/13 充電時間と走行距離を更新しました。
2013/09/10 EVの普及、啓発を更新しました。
2013/09/08 EVの旅を更新しました。
2013/09/06 電気自動車のアピールを更新しました。
2013/09/05 たった500円で行ける、東京から洞爺湖までの電気自動車の旅を更新しました。
2013/09/02 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
ズバット廃車ドットコム日本最大級の自動車専門サイト
マザーズ上場のウェブクルーグループが運営する車買取一括査定サイト。下取りをしても価格が付かない事故車や過走行車などに対応している全国対応の買取業者。日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワーク。45秒だけであなたの愛車の相場がわかる簡単なオンライン査定です。